スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第2回のゲスト:浜辺シゲキ さん
第2回のゲスト 浜辺シゲキ さん

第2回のゲスト:浜辺シゲキさん
今月のお客さまは浜辺シゲキさんです。ご自身のルーツになったさまざまな音楽の話を交えつつ、ギターで跳ねたリズムの弾き語りをしてくださるなど盛りだくさんのひとときになりました。ひと足早い春の日差しとあいまって、ウキウキした現場の雰囲気をご紹介いたしましょう。

島田:新作を聴かせていただいたんですけど、ひとつのジャンルにこだわらないですごく間口が広いなと。いろんな要素が入ってますよね。
浜辺:まとめるのが大変そうかなって思うくらい、あらゆる曲調が入ってると思うんですけど。自分のルーツを強く出そうというのがあって。例えば島国で育ったことで演歌だったり、両親の聴いてた歌謡曲だったりっていう。どの要素も僕には入ってると思うし、歌のどこかでその断片は見えると思うんです。ロカビリーとかが好きだった10代20代はそういうのを出すのにちょっと抵抗があったんですけど、今は自分のそのままを出そうかなっていうところがあって。だから今回のアルバムの中にはそういう要素がいっぱい散りばめられてると思います。ジャズも好きで、歌謡曲も好きで、ロックンロールも好きで。そういうジャンル関係なしにいい曲をつくりたいなって。それから、僕のつくる曲って結構ハッピーな感じがあまりないというか、どちらかというと哀愁というか。
浜辺シゲキさん島田:そうですね。詞の内容も哀愁感とか郷愁感があって、ある種ブルースっぽいなって思ったんですけど。
浜辺:僕ね、チャップリンがすごい好きで。彼って喜劇の人ではあるんですけど、喜劇ってそのもの自体がサーカスでいうところのピエロっていうか。泣き笑いでしょう?その笑いの裏にあるもの悲しさに強く惹かれるところがあって。そういうのが曲にも強く反映されてるのかなって感じがしますね。大阪に10年ほどいたっていう経歴もあってお笑いも好きなんですけど、なぜかって思ったら、人を楽しませるっていう、大衆的で、エンターテイメント性がありつつも、芸人さんが芸そのものを作り上げるまでにどれだけのバックグラウンドがあるのかって考えたら、笑いの裏にある辛さだったり、哀愁がときどき見え隠れして。さらにそこに自分の好きな音楽と共通するものを感じて。だから歌詞も楽しいことを歌いたいんだけど、どうしても悲しいというか切ない感じになっちゃうんです。
島田:シゲキさんの人生観がそのまま丸写しになっている感じなんでしょうね。ところでタイトルの『GROOVIN' HIGH』ってどういう意味なんでしょう?
浜辺:GROOVIN' ってイカしたとか、カッコいいとか…クールに近いニュアンスなのかな?すばらしいとか。そういう意味合いがあって。僕はソロ活動を始めてから『Solo Flight』っていうアルバムも出しているんですけど、全部自分が好きなジャズミュージシャンの作ったタイトル曲や、アルバムのタイトルだったりするんです。そこに自分の作品を作ったイメージを重ね合わせてできたのがこのタイトルですね。ちなみに『GROOVIN' HIGH』はディジー・ガレスビーのアルバムタイトルです(笑)。
島田:確かそうだなぁとは思ったんですけど。いや、もしかしたら違う意味があるのかなあと思ってたんですよ(笑)。
浜辺:なんだか空を、上を見上げた感じの曲が多かったので“HIGH”ってところになんとなく伝わればなって。
浜辺シゲキさん島田:なるほど。それから、CDにマークがついてますよね。これはあるジャズレーベルの、有名なマークに似てるんですけどその辺は意識されたんですか?
浜辺:メガネとベレー帽のマークですよね?これは自分が時々してるメガネと、ベレー帽を自分のシンボルマークにしてみようかなと。これはディジー・ガレスビーの格好のマネだったりもするんですけど、周りの人には手塚治虫に見えると言われます(笑)。手塚さんも好きなのでどちらに取られてもいいんですけどね。
島田:じゃあ、ホントにシゲキさんの好きなものがあらゆるところに出てると。ではその中で一番聴いてもらいたいところというと?
浜辺:そうですね……。日本語の大事さがわかったというか。ちゃんと日本語詞で、自分の歌で伝えるってことをソロになってからやり始めた感が自分としてはすごくあるんで。前作よりもっとちゃんと言葉を選んで、どういうことを歌っているのかをしっかり意識できました。あと、メロディ。僕の中でとてもわかりやすくてどこのひねりも入れてないというか、素直な歌になってると思うので、先入観なく素直に聴いてほしいなっていうところですね。単純にそれを聴いていいなって思ってもらえれば嬉しいです。いま世の中にこれだけいろんなジャンル、いろんな感じの音楽がある中で、あえてストレートに出していくのが僕の音楽じゃないかなと思ってるんで。それが伝わればいいですね。


浜辺シゲキ / プロフィール
1995年、スウィンギン・ロカビリー・バンドROCKIN'ICHIRO & BOOGIE WOOGIE SWING BOYSを結成。ギター&ボーカルとして大阪ミナミのストリートで活動を始める。2004年よりソロ活動を開始。プロデューサーに上田ケンジを迎え、クハラカズユキ、西川進とのセッションを経てミニアルバム『Solo Flight』を2005年6月リリース。現在、独り弾き語り形式でのライブイベント“SKETCH”を立ち上げ、ライブ活動も精力的に行っている。
4月19日発売『GROOVIN' HIGH』
COLUMBIA/TRIAD COCP-50919 \2,625(税込)
スポンサーサイト
【2006/03/30 17:47】 | 対談 | page top↑
第1回のゲスト:おおはた雄一さん
おおはた雄一さん

第1回のゲスト:おおはた雄一さん
島田:おおはたさんって、そこにいるだけでゆったりした時間が流れていらして、ご自分の世界があるんだろうなって思うんですけど。曲を作るときはどういうシチュエーションやイメージで浮かんでくるんですか?
おおはた:僕はノートに詞を書き付けたりとかっていうのがないんですよ。ギターと言葉が一緒に出てくるというか、おおまかなテーマがあってそれに近づけていく感じなんです。それとセッションをやりながら作っていくので、曲がここで完成っていうのがあんまりないですね。“イントロがあって歌があって”っていうよりは“この日はこんな感じ”っていう自由度の高いのが好きなんです。
島田:ある意味、即興演奏的な、ジャズに近い感じがするんですけど。
おおはた:そうですね。その場限りの、その時のミュージシャンに影響しあって曲になっていく感じとかがすごい好きですね。
島田:ニューアルバム『ふたつの朝』聴かせてもらったんですけれども、おおはたさんって基本的に歌も歌われてますよね。でも曲によっては歌がなかなか出てこなかったりする。そういうのもやっぱり自分はシンガーだから歌を入れるっていう決まりは作らず、自由度の高い音楽を作ってるってことですか?
おおはたおおはた:そうですね。シンガーって意識はほとんどないに等しいような気がしますね。
島田:つまりは曲の調和を考えてるっていうか?
おおはた:そうですね。例えば「1920」って曲はもともと歌入りだったんですけど、トランペットの島(祐介)君があまりにいい音を出すから歌をなくしてインストにしました。
島田:あとね、気になったのは“ふたつの朝”ってどういう意味なんでしょうか。
おおはた:これねえ、自分の中にぽーんと出てきた言葉だから特に正解はないんですけど。最初に言ったことに対して、受け取った人がいろんな事を思えるような、言葉の自由度が高いものも好きなんですね。だから最近「ふたつの朝ってなんだろう」って自分自身で考えたりもしますよ。…島田さんはどう思われました?
島田:それも調和のひとつなのかなと思いました。おおはたさんってすべてが調和で生まれてるような気がするんですよ。だから“ふたつの朝”っていうのも違う場所で違う朝を迎えてても、結局それは同じ地球のひとつの朝だったりする。それから収録曲に「ふたりの音楽」があったりとか、“ふたつ”っていう隠れたテーマがあるのかな、とも思ったんですが。
おおはた:そう、実はあったんですよ。今回はいろんなミュージシャンとコラボレーションってところを意識して、ドラムの坂田学さんやスチールギターの高田漣くんとふたりで曲を作ったりしたんですけど。結果的にふたりっていうのが多くなって、“ふたつ”っていうのはキーワードになってるなあって「ふたりの音楽」を作ったんです。
1.jpg島田:先ほどもおっしゃいましたけど、今回はゲストミュージシャンの方がいっぱい参加されていますよね。これはどういったいきさつだったんでしょうか。
おおはた:これはですね、自分でこの人とやりたいって声をかけたパターンと、「今こういうミュージシャンがいるんだけども、来日のタイミングでレコーディングに参加してもらおうか」って声をかけてくれた方がいて、相手のミュージシャンも僕の音楽を気に入ってくれて「ぜひやりたい」ということで実現したパターンとがあるんです。ハミロ・ムソットっていうずっとブラジルで活躍してるパーカッショニストと、マルセル・ロフラーっていうフランスのアコーディオンの方は、コーディネーターがいて実現したパターンですね。
島田:実際に共演してみていかがでした?
おおはた:もうすごかったですね。ハミロはレニーニのバンドでも叩いてるパーカッショニストで、野性的な人かと思っていたら全然違いました。「スタジオに入って、いっせーのせでやろうよ!」って言ったら「そんなの駄目だ!」って。ちゃんと作ろうって感じの方ですごいよかったです。マルセルはまったくの逆で。スタジオに来たら、コーヒーに入れすぎなんじゃないの?!ってくらいたくさん砂糖入れて、ゆっくりとそれを飲んで。それから「じゃあ、やろうか」って何回かセッションやっておしまい(笑)。これもすごい楽しいレコーディングでしたね。
島田:じゃあ、いろんなパターンのミュージシャンとレコーディングが楽しめて、毎回が新鮮だったんじゃないですか?
おおはた:けっこうどきどきして心地よい緊張感が常にありました。言葉の問題とかもあったから、うまくできて本当によかったですね。


ふたつの朝おおはた雄一 / プロフィール
2004年1stアルバム『すこしの間』リリース。
S.C.O.F.やビー・ザ・ボイスなど様々なアーティストのレコーディングに参加しながら、年間200本を超えるライブを行い話題になる。2005年3月、2ndアルバム『ラグタイム』リリース。アノニマス、カセットコンロス、クラムボンのメンバーなども参加し、オリジナリティーの高い作品として各方面より高い評価を得る。静かに、心揺さぶる声とアコースティック・ギター&ワイゼンボーンでのスライドプレイは多くのミュージシャンからも熱い支持を集めている。
『ふたつの朝』WARNER MUSIC JAPAN/WPCL-10258 3,000円(税込)
【2006/03/09 15:31】 | 対談 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。