スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第4回のゲスト:工藤慎太郎さん
島田奈央子のswing pop time

第4回のゲスト:工藤慎太郎さん
今月のお客さまは工藤慎太郎さんです。デビュー曲がいきなりキャンシステムお問い合わせ件数チャート1位になった優しい歌声のシンガー・ソング・ライター、その素顔は元気いっぱいの好青年!スタジオは笑いの止まらない、いつにも増して賑やかなひとときを過ごしたのでした。

工藤:「シェフ」は僕がアルバイトをやってたときに作った曲なんです。当時は歌手なんて夢のまた夢と思ってたんですけど、バイト先のシェフに「お前、本当にプロになりたいのか?」ってたずねられたときがあって。僕が「なりたいです」って答えたら「それだったら皿洗いながらでも歌っていいよ。お前を皿洗いで雇ったわけじゃなくて、夢をかなえて歌手になってもらうためにバイトで雇ってるんだから」って。それを歌にしたんです。いま、ニートとかフリーターって言われてるじゃないですか。あの当時の僕はそういう方と一緒だったと思うんです。サボりたいとか、将来に不安があるとか。たぶんそれがこの曲のいちばんのポイントなんじゃないかなって思うんですよね。
島田:アルバイトをしてるとなんとなく生活できて満足しちゃうっていうか。あまり先に夢を感じなくなっちゃったりとかあるじゃないですか。この曲はそこをはっと気づかされるんでしょうね。
工藤慎太郎さん工藤:僕に夢があるように、シェフにも夢があって。ふたりでビールを飲みながら語り合ったことがあったんです。「いつか自分で独立をしてお店を持ちたいんだよ」って。そのときに僕は軽いノリだったんですけど「僕、シェフのために応援歌作りますよ!」って。それでできたのがこの歌で。曲を聴かせたらシェフは涙ぐんでくれましたね。「お前に背中を押されてやる気になったよ」って。その後、本当に独立してお店を始められたんです。
島田:嬉しいですね!バイト時代だけじゃなくて、いま音楽活動をされている中でもこの曲には「よし、頑張んなきゃ」って気持ちをもらえるでしょうね。そういえば、この曲を歌いながら駅前でストリートライブをやったりしてらしたということですが。
工藤:最初はお客さんが3人、というところからスタートしたんです。路上といえば、僕八代亜紀さんの事務所に所属しているんですけど。メジャー・デビューの日に、八代さんと一緒に路上ライブをやったんですよ。
島田:八代さんと一緒に?
工藤:そうなんです。八代さんは初・路上ライブだったのに、お客さんが800人も集まってくれて。すごいなあって(笑)。たった3人から始まったのが800人に膨れ上がるなんてあるものなんだなあって思いましたね。
島田:すごいですね。皆さんどうやって集まったんでしょう。
島田奈央子のswing pop time工藤:毎週決まった日にコンサート形式でやっていたので、口コミだとは思うんですけど、でもきっかけはやっぱり「シェフ」でしょうね。実はこの曲、シェフの前で歌ってから4年くらい歌ってなかったんです。今流行ってる曲とも違うからダサいと思ってたし、こんな曲じゃ女の子にはモテないだろうなあみたいな恥じらいもあったし。だからタンスの奥の方にしまいこんであったんです。で、歳も歳だし、デビューなんてこの年齢過ぎたら終わりかもと。最後のチャンスだと思って路上ライブを始めたんですよ。毎週必ずやろう、気持ちを込めてやろうって。その時にこの曲「シェフ」が僕を呼んでいる気がして。それで歌ってみようかなって。やっとカッコ悪い自分を受け入れられるようになったんでしょうね。だから「シェフ」を歌うことによって裸になる作業をして、ちゃんと一対一で語りかけるような弾き語りをやろうと。そうやって「シェフ」を歌ったとたんに人の集まりが尋常じゃなかったんです。
島田:曲に吸い寄せられるように集まってきたんでしょうね。
工藤:そうなんですよ。それで「あ、この曲ってこんなにパワーがあるんだ」って気がついて。そう思ってから人がどんどん集まるようになってきましたね。歌ってやっぱりその人柄がわかっちゃうんですよ。特にこの曲はウソがつけないんです。変な節回しでカッコつけて歌っても全然伝わらない。でも素直になって歌うことで曲の世界にみんなも入っていきやすいし、通りすがりの方でも引き寄せられたのかなあって。だからアルバムとか、次の曲もまだまだ先になると思うんです。まずはこの「シェフ」をどうしても全国の人に届けたいっていう僕の思いもあるから。いまCDって3ヶ月にいっぺんとか、すぐに発売するじゃないですか。そうじゃなくてちゃんと人の気持ちに根付くまで歌ってみようっていう挑戦もあるんですよね。


工藤慎太郎 / プロフィール
シェフ/Message最初の音楽体験は父親の車の中で聴いた松山千春などのフォークソング。15歳の頃からギターでオリジナル曲を作り始め、1996年よりロンドンに留学、2年間の滞在中、毎日のように路上やパブで地元のミュージシャンとセッションを行う。帰国後、2004年より出身地川口にて路上コンサート開始。2005年、テレビのオーディション番組にて番組史上初となる10週勝ち抜きを達成。2006年「シェフ/Message」にてメジャーデビュー。 
http://shintaro.mirion.co.jp/
「シェフ/Message」発売中
COLUMBIA COCA-15821 \1,260(税込)
スポンサーサイト
【2006/06/06 15:36】 | 対談 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。