スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第8回のゲスト:Chiaki(Dakota Star)さん
第8回のゲスト:Chiaki(Dakota Star)さん
島田奈央子のswing pop time今月のお客様は既にオオーストラリア、ドイツでデビューを果たしている規格外のバンドDakota Starのボーカルである、Chiakiさんです。
日本人離れした切ない歌声が魅力的な彼女。未だベールに包まれている彼女たちの、素顔に迫ったインタビュー!お楽しみください。

島田:この企画で女性ゲストというのは、初めてなので私もすごく新鮮で嬉しいです。なんかね、女性がいるだけでホッとしますね。
Chiaki:嬉しいです。そういっていただけると。
島田:Chiakiさんは何がきっかけでロックを歌おうと思われたんですか?
Chiaki:もともと私はゴスペルとかジャズとか、普通のポップスとか、ボーカルがキレイにきっちり聴こえてくる曲が好きだったんです。だからロックというのはそういうジャンルの曲ではないと思っていたので、全然聴かなかったですね。なんですけど、縁があって、現Dakota StarのギタリストのTasukuとプロデューサーのAlan Brey(Ba,Gt)と知り合いになって、ロックをやることになったんです。
島田奈央子のswing pop time島田:珍しいパターンですよね。ロックを始めてから探していくという、自分のものにしていくというのが。すごく大変な作業だったと思うし、新鮮でもあったと思うんですよ。
Chiaki:そうですね、大変だったというよりも、真っ白なところに書いていくイメージですごく楽しかったですね。それで、プロデューサーのAlanも、そういう真っ白なところから初めたのがよかったと、言ってくれたんですけど。誰かを真似してとか、誰かを目指してというのがない状態で始めたので、こうしなきゃいけないというプレッシャーがなくて全然気にしなくよかったですね。
島田:Chiakiさんは英語で歌っていますけど、向こうに住まれたりとかしていたんですか?
Chiaki:高校の時にちょっとだけ住んでいたんですけど、あとはずっと日本です。
島田:そうなんですか、それなのに発音がすごくキレイだなと思ったんです。
Chiaki:ありがとうございます。なんか別に自然だったんです。英語もそうですけど、歌も英語で歌うというのが逆に自然だったんです。
島田:やっぱり、普段聴いている音楽が洋楽が多かったりするからですか?
Chiaki:そうですね。あとは幼い頃から、外国語にすごく惹かれて興味持っていたんですよね。英語というのはリズムというか、言語として魅力がある言葉だなと思ったのが始まりで、そのあとに音楽が入ってきたという感じなので、すごくとっかかりとして変わったルートで音楽を始めていますよね。
島田:自然と英語が?
Chiaki:そうですね。
島田奈央子のswing pop time島田:それで2004年にはオーストラリア、2005年にはドイツでデビュー飾るという形なんですけど。
Chiaki:はい。最初デビューしたときに歌詞が英語っていうのがあったんで、海外でというお話をいただいてまして、2つ返事で行かせていただきました。それで10箇所近くまわらせていただいたんですけど、日本でもそんなにライヴやったことなっかたのに、どーんとステージに立たせていただいたのがすごく新鮮で、未だに忘れられない貴重な体験です。
島田:そうですか、お客さんの反応はどうでした?
Chiaki:始めて聴く音楽なのにリアクションがよくて乗ってくれるんですね。終わったあとに直に「応援してるから」とかそういう声をいただいたのが嬉しかったですね。みなさんほんとに温かくて。これからの自分たちの活動に活かせていけたらなと思いました。
島田:あと、ドイツはどうでした?
Chiaki:ドイツで洋服メーカーさんのCMでやる曲っていうのがあったんですけど、そのタイミングでドイツでのライヴに参加させていただいて。だから海外での活動が先になってしまったんです。
島田:そういう意味でも少し不思議ですね。
Chiaki:自分たちでも不思議です。チャンスに恵まれてるバンドだと思います。フフフ。
島田:ニュー・アルバム『Dakota Star』は本当に前から作りためてきて、塾生されてできたというアルバムなんですよね。一番苦労した点というのはどのあたりですか?
Chiaki:ボーカルはあまり苦労はしなかったですね。自分の変な先入観とかなしに入れちゃった曲がほとんどだったので。あとはAlanが時間を掛けてアレンジしてましたね。そういうところが大変だったと思います。世界各地で録り直しとかしてくれたので、実はいろんな土地の雰囲気が出ていると思うんです。
島田:1曲1曲に力を注いで作ってらっしゃいますね。
Chiaki:はい。自信作です。是非聴いていただくときは先入観なく聴いていただきたいです。

Dakota Star / プロフィール
Dakota Star『Dakota Star』Alan Brey(Ba,Gt)、Chiaki(Vo)、Tasuku(Gt)で形成される3ピースロック・バンド。その活動は海外・国内、映画・音楽などの垣根を超え幅広く行われている。そんな彼らはすでにドイツ、オーストラリアで先行してデビューを果たす、実力派バンド。この秋いよいよ彼らが日本上陸。謎に包まれたベールを脱ぐ!
http://www.dakotastar.net/
Dakota Star『Dakota Star』 tearbridge records
¥2,800(税込)NFCT-27029 10月4日発売
スポンサーサイト
【2006/10/02 18:13】 | 対談 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。